九州の魚

「嫁ぶり」とか「嫁御ぶり」とは!?

皆様は「嫁ぶり」とか「嫁御ぶり」という風習を聞いたことがありますか?

恐らくご存じないない方の方が多いかと思います。

それもそのはず、「嫁ぶり」という風習は博多を中心に九州北部で受け継がれている地域限定の風習だからです。

ここでは博多の「嫁ぶり」について紹介します。

新郎の実家から贈る感謝の気持ち 「嫁ぶり」は、ぶりと付くことからわかると思いますが、魚の『鰤(ぶり)』にまつわる慣わしです。年末に、その年に結婚したご夫婦の新郎の実家から寒ぶりを贈る、あるいは持参するという九州特有の文化。そこには「良いお嫁ぶりです。

ありがとうございます。」という気持ちが込められているのです。