九州の魚

対馬ブランドの黄金アナゴが通販に登場致しました

対馬ブランドの黄金アナゴが通販に登場致しました(*^^*)
刺身や天ぷらが絶品です*(^o^)/*骨はせんべいでどうぞ(*^o^*)

対馬の北西側でしか獲れない最高のアナゴ。
今、全国から注目されている対馬の魚たち。その中でも東京を中心に食通の方々から熱い視線を集めているのがアナゴです。
特有の地形と海流で育まれた、お宝の味。ぜひお試しください。

ここが違う「黄金あなご」

1 餌が違いすぎる!

対馬西沖の海域は、韓国との国境付近。そこで獲れる脂が乗ったアナゴが、今「黄金アナゴ」として注目されています。
その味を決定的に変えているのが、餌。黒潮の影響を受ける海域の、餌としては最高峰と言われる深海イワシ(キュウリエソ)や、深海特有のエビカニなどの餌を食べるのですが、そのために上品でしっかりとした脂が乗るのです。

2 絶妙な水深!

九州北部の海は、40-100mの比較的浅い大陸棚が続きますが、対馬の北部方面は、水深150m以上の深海があります。ここに黄金アナゴは棲んでおり、安定した水温の中で絶妙な歯ごたえと、しっかりとした脂を蓄えていくのです。

3 対馬でも「西側」である!

素晴らしい海が広がる対馬の中でも、西側であることが特に重要です。
なぜなら、栄養豊富な黒潮は、南西からの潮に乗ってやってくるからです。これは九州北部では下げ潮と呼ばれますが、上げ潮に比べ潮流が強く、そしてプランクトンなどの栄養がふんだんに含まれます。
黒潮は実際に見ればわかりますが、その名の通り黒く、かつ透明度の高い潮。英語ではコバルトブルーとも呼ばれますが、命を育む力強い潮です。これが黄金アナゴやその餌を強く育てます。

 

黄金あなごを通販で!